鎌倉彫 婦人下駄
鎌倉彫 婦人下駄

桐下駄には板目(いため)と柾
目(まさめ)とがあり、裁断す
る方向により、採り分が少ない
柾目は希少価値が高く、白木下
駄も柾目は高価なものでした。
天然の桐材を使用する為、節や
木目の色差などを隠す目的に、
彫刻を施し、漆を塗り、柾目を
生かすことから【鎌倉彫桐下駄
柾目生かし】は生まれました。
一九七〇年代に当店では数多く
製作・販売をして参りましたが、
職人の減少により、近年では取
り扱いがありませんでした。鎌
倉彫陽雅堂ではこのほど三〇年
ぶりに、当時の製作工程を忠実
に再現し、復活致しました。

桐下駄には板目(いため)と柾目(まさめ)とがあり、裁断する方向により、採り分が少ない柾目は希少価値が高く、白木下駄も柾目は高価なものでした。天然の桐材を使用する為、節や木目の色差などを隠す目的に、彫刻を施し、漆を塗り、柾目を生かすことから【鎌倉彫桐下駄 柾目生かし】は生まれました。1970年代に当店では数多く製作・販売をして参りましたが、職人の減少により、近年では取り扱いがありませんでした。鎌倉彫陽雅堂ではこのほど30年ぶりに、当時の製作工程を忠実に再現し、復活致しました。